【Q&A】ボトルネックとはなんですか?

音楽生活【Q&A】
西ケ谷
西ケ谷

こんにちは、講師の西ケ谷です。

今回はボトルネックについてお話しようと思います。

 

ボトルネックとは

まず見ちゃいましょう!

教本『打田十紀夫 ボトルネック/スライド・ギター』付録DVD映像

カッコイイ!というか、この動画だけで充分な気がする。

この指にはめている器具をボトルネックと言います。奏法としてはスライド奏法という名前です。

その昔、バーボンの酒瓶のクビ部分を切ってスライド奏法が始まったと言われております。ブルース、カントリー、ハワイアンなどでは欠かせないサウンドですね。

ガラスで作られた物は音色が丸く、金属製の物は高音が良く出てくれます。

中でも陶器で出来ているものはガラスよりも軽いのに甘く、そして丸い音がすると言われおります。

主に使われているギターはアコースティックギターです。サウンドが独特な事もあり、効果音としてエレキギターでバンドサウンドの中で用いられる事もあります。

チューニングは、オープンチューニングで演奏される事も多く、オープンGや(6弦からD G D G B D)オープンD(6弦からD A D F# A D)で演奏されます。

何故オープンチューニングなのかは、ノーマルチューニングだと、コードが押さえ難いからなのではないでしょうか。

後、ブルースだと基本的にコードが3つしか出てこないので、オープンチューニングだと人差し指だけで3つのコードを簡単に押さえる事ができます。

弾き方は、ボトルネックを嵌めてフレットの上を軽く押さえます。押さえるというか、置くと言った方が良いのかもしれません。

押してしまうと音が出なくなってしまいます。先ずはハーモニクスを出す時と同じような感覚で挑んでください。

そして、横に揺らす!そこから生まれるブルージーさ!

ボトルネックを使ったスライド奏法の一番のハードルはチューニングなんじゃ無いかと思っております。

しかし!一度オープンチューニングで演奏してみるとそんなに練習していなくてもそれっぽさを味わう事ができるのです。

この体験は一度やってみる事をオススメします!

 

体験レッスンの申し込みはこちら

お問い合わせ・体験レッスンフォーム:浦和のギター教室・音楽教室ギターレ&エアスト -クラシック、アコースティック、エレキギター、ドラム、バンド、ウクレレなど- 〜埼玉県さいたま市〜
浦和ギター教室:ギターレ&エアスト JR浦和駅徒歩7分 浦和パインズホテル横 埼玉県さいたま市のギター教室 クラシックギター、エレキギター、ウクレレ、バンド、フォーク、アコースティックギター、ドラム、フィンガースタイル、作曲、作曲レッスンなど、さいたま市、さいたま、埼玉、浦和ギター

コメント