【Q&A】手が小さいのですがギター弾くのに不利ですか?

【Q&A】

どーもヨーラです。
ギターを始めたばかりの生徒さんに割とよく聞かれるこの疑問。

Q.手が小さいのですがギター弾くのに不利ですか?

A.何か特殊な奏法をしない限り、まったく問題ありません。

最初は指がうまく開かず、コードをひとつ押さえるのにも一苦労だと思います。僕もそうでした。で、それを手が小さいからという理由にしがちなのですが、そんなことはありません。

人間の指の関節というのは意外と柔らかいもので、しばらく弾いているうちにだんだん柔らかくなってきて、自然と指が開くようになってきます。

よく女子高生のシンガーソングライターが、TVやYouTubeでギター弾き語りなんてやってますが彼女たちの手はとても小さそうですね。でもみんなとても素晴らしい演奏を聴かせてくれます。

 

むしろ指が長いほうが大変かも

動かす指は自分の指だけなので単純な比較はできませんが、指が長い人や手が大きい人の方が、指板に対して指を余らせて、苦労しているシーンをたまーに見ます。特に速弾きをするとき。不利とか有利とかそういうレベルではないとは思いますが。

ストレッチは確かに手が大きいほうが有利

指板にたいして指を大きく広げることを「ストレッチ」と言ったりするのですが、それは確かに手が大きい人の方が押さえやすいですね。物理的に。

でもそこまで極端にストレッチをすることはあんまりないし、そこにこだわらなければ別の押さえ方で代用できたりします。

まとめ

なので結論は「関係ないので、気にせず弾きましょう!」。

もし「手が小さいとギター弾くのに不利だよ」とあなたに言ってくる人がいたら、その人は冒頭に書いた「手の関節が柔らかくなる」前に挫折してしまった人なのではないでしょうか。それかあなたにどうしてもギターを弾いて欲しくない別の理由があるか。。。笑

 

おまけ

このブログを書いている人

ヨーラ


音楽教室ギターレ&エアスト講師。ベース、ギター、DTM、ボカロ。

個人ブログ「ヨーラのアトリエ」 を運営しています。

コメント