【Q&A】ソロギターってなんですか?

【Q&A】

こんにちは、ギター科講師の西ケ谷です。

今回は「ソロギターってなに?」についてお話します。

ソロギターってなに?

ソロギターとは、ギター1本で伴奏とメロディを同時に演奏するスタイルのことをいいます。

クラシックギターと同じかと考えてしまうかもしれませんが、主にアコースティックギター(スチール弦)で演奏されてます。

パーカッシブに演奏されるスタイルが多く、ストリングヒット!ネイルアタック!スラム奏法!タッピング!等のテクニックを駆使して演奏するため、いきなり始めるにはハードが高いかと思います。

そもそもチューニングが違うときがある

後、何よりチューニングが特殊です!

通常6弦から1限に向かって、EADGBE

に対して、DADGADといった変則チューニングで演奏されることが多いのも一つの特徴です!

2000年初頭くらいに、押尾コータローさんがブレイクして、南澤大介さんの「ソロギターの調べ」シリーズでソロギターを演奏したい方、している方が一気に増えた印象です。

ソロギターはYouTubeでも人気!

YouTubeの弾いてみた系の動画でもソロギターは人気ですね。

ハイテクニックを要求される分、注目度も高いと思います!

最初は、「こんなのできないよ!」と思ってしまいがちなジャンルですが、本当に少しずつ練習していくと段々と弾けるようになります!

一人で完結できるので、喜びも大きいですね。

夏休みの空いた時間に一歩目を踏み出せたら、今年終わりには一曲弾けるようになるかもしれません!それでは!

【Q&A】

Posted by ヨーラ