【初心者向け】コードチェンジが上手くいかない原因3つ

音楽生活【Q&A】
西ケ谷
西ケ谷

こんにちは。講師の西ヶ谷です。

今回はコードチェンジのコツについてお話しようと思います。

コードチェンジのコツ

コードチェンジの理想として、次のコードの時にすべての指が、小節の最初から弾きたいコードの形になっていることがベストですね。

 

コードチェンジが上手くいかない原因ランキング

第三位
コードチェンジをするタイミングが遅い。

第二位
ネックから大きく手を離してしまう。

そして、第一位
指一本ずつコードを押さえようとしてしまう。

 

第三位のコードチェンジをするタイミングですが、下の画像を参照してください。


このGの部分で動き始めたら遅いです!その直前にはコードチェンジを始めていないと!そして、開放弦が鳴ることを気にしない!むしろ鳴らしとけっての!

タイミングが掴めないという方は全音符で、ジャーンと弾いて左手に集中してコードチェンジのタイミングを計ってください。
この練習をするときは、必ずメトロノームか練習中の曲を流しながら練習してください。基準が無く、自分のタイミングで練習してしまうとこの練習の効果が得られません。

 

第二位のネックから大きく手を放してしまう方について、完全に離しちゃだめです。
コードチェンジは次のコードに行く時に、放さなくても良い指が多く出てきます。まずは、下の画像でそれをチェックしてみましょう。

これに気を付けるだけで、かなりコードチェンジがスムーズになります。最初のうちはGからDへ行く時に、指を完全に放すとかなり苦戦します。
なぜなら、Dは最初のでかい壁だからね!ドラクエ4で言えばキングレオ、ドラクエ6で言えばムドー並みに苦戦すると思います。

コードチェンジの練習は、どの指を動かさなくて良いかを考えながらできると良いですね。何曲か弾いていく内に自然に指が離れなくなってきます。

 

第一位の指一本ずつコードを押さえようとしてしまうについては、「初心者だからしょうがないじゃないか!」と言われそうですが、少し待ってほしい。そして冷静になってほしい。
やはり小節の頭からガツンとコードの形を作ることを目指してほしい。これを解決すれば一気に先が開けてきます!

練習方法としては、シンプルにコードを押さえる直前の位置(空中)でコードの形を一度作り、形が完成したら、その形を指板に置きます。
これを繰り返す!地味!けど大切!

このランキングの全部が解決したらコードチェンジはかなりスムーズになっているでしょう!全部解決しようとせずとも、一位から三位の中の気になったやつを練習するだけでもかなりスムーズになります!

 

体験レッスンの申し込みはこちら

ギターレ&エアスト 無料体験レッスン申し込みフォーム

コメント