【Q&A】8ビートってなんですか?

【Q&A】

 

西ケ谷
西ケ谷

こんにちは、講師の西ケ谷です。

今回は、「8ビートってなんですか?」についてお話しようと思います。

8ビートってなんですか?

8ビートとは、4分の4拍子の時に8分音符を基本としたビートを8ビートと言います。

エイトビートのエイトって8分音符のことなんですね。

ロックでは、この8ビートが多用されております。

現在では、テンポが速い8ビートの楽曲とバスドラムが4分音符で延々と鳴り続けるディスコビートが主流ですね。

 

ドラムの楽譜だと、8ビートは例えばこんな感じです。

文字で表現すると、「ドン タン ドド タン」です。

ギターのリズム譜だと、こんなパターンが多く使われております。

では、代表的な曲で聞いてみましょう。

ASIAN KUNG-FU GENERATION 『リライト』
米津玄師 MV「ピースサイン」Kenshi Yonezu / Peace Sign
AC/DC – Highway to Hell (Official Video)

AC/DCのHIGHWAY TO HELLがぶっちぎりで8ビートしてますね。教科書のような8ビートです。

8ビートはテンポによっても印象が変わります。バラードでも8ビートが多く使われております。

2002年くらいのアジアンカンフージェネレーションの出現から、16ビート主体のJロックの風向きが8ビート寄りになっていくきっかけになりました。

「前前前世」も早い8ビートです。8ビートはまだまだロックの覇権を握り続けることでしょう。

では、次回は16ビートについてお話しようと思います。ではまた。

 

体験レッスンの申し込みはこちら

お問い合わせ・体験レッスンフォーム:浦和のギター教室・音楽教室ギターレ&エアスト -クラシック、アコースティック、エレキギター、ドラム、バンド、ウクレレなど- 〜埼玉県さいたま市〜
浦和ギター教室:ギターレ&エアスト JR浦和駅徒歩7分 浦和パインズホテル横 埼玉県さいたま市のギター教室 クラシックギター、エレキギター、ウクレレ、バンド、フォーク、アコースティックギター、ドラム、フィンガースタイル、作曲、作曲レッスンなど、さいたま市、さいたま、埼玉、浦和ギター
【Q&A】
スポンサーリンク
ヨーラをフォローする
音楽教室ギターレ&エアストの「弾きたい!ギター!」

コメント