ボリュームポットを交換するよ

楽器のこと
西ケ谷
西ケ谷

こんにちは、講師の西ケ谷です。

 

今日は自分のギターのボリュームポットというパーツを交換してみようと思います。

ボリュームポットを交換してみよう

 

なんで交換するの?

なぜ交換するかと言いますと、自分のギターから時々かなりハードなノイズが出るのですよ。

ピックアップ交換の際のハンダ付けに手間取って、ハンダの熱でボリュームポットを故障させてしまったようです。

ボリュームポットとは、単純にエレキギターのボリュームを司るパーツです。

ピックアップから拾った音(振動)をどのくらいの音量で出すか、そして、ボリュームを上げた時にどのような音量の上がり方(カーブ)をするか、このパーツの性能で変わってきます。

 

さっそくやってみよう

先ずは、弦を外してピックガードを開けます。

そして、どの線がどこに入っているかを入念にチェック。

うーん、ハンダ付けが汚いですね。しかし、細かいことは無視していきましょう。

作業の前に、アースを付ける部分の一番右側の場所を折り曲げてポットに触るようにしておいてください。

素人でも、この線の付け方さえ間違わなければ大丈夫です。

そして元の通りに新しいボリュームポットを付け替えます。

そして、ピックガードを閉じる前に通電チェック!ここでうんともすんとも言わないとやり直しです。

通電チェックも終わり無事にノイズもなくなりました。

せっかくなので、以前、旦那様がスターウォーズマニアである生徒のNさんに頂いたボバフェットの形のツマミを付けてみました。

ギターの修理も、ギターを弾けるようになることと同様でやり始めれば何となく理解できるようになってきます。

ギターの中身を知ると、自分の出したいサウンドの理解も深まってきます。後、愛情もね。

次回は嫁に内緒でヤフオクで購入したPRSに、これまた嫁に内緒で購入したShurのSSVとSSHに換装してみようと思います。ではまた。

 

体験レッスンの申し込みはこちら

お問い合わせ・体験レッスンフォーム:浦和のギター教室・音楽教室ギターレ&エアスト -クラシック、アコースティック、エレキギター、ドラム、バンド、ウクレレなど- 〜埼玉県さいたま市〜
浦和ギター教室:ギターレ&エアスト JR浦和駅徒歩7分 浦和パインズホテル横 埼玉県さいたま市のギター教室 クラシックギター、エレキギター、ウクレレ、バンド、フォーク、アコースティックギター、ドラム、フィンガースタイル、作曲、作曲レッスンなど、さいたま市、さいたま、埼玉、浦和ギター
楽器のこと
スポンサーリンク
ヨーラをフォローする
ギターレアンドエアストの「弾きたい!ギター!」

コメント