ギターカーニヴァルの歩き方②〜300人大セッション編〜

G&Eヨーラのラウンジ
西ケ谷
西ケ谷

こんにちは、講師の西ヶ谷です。

前回の続きで、ギターカーニヴァルを100倍楽しめる様に今回もお話しようと思います。

 

前回はこちら

ギターカーニヴァルの歩き方①〜マルシェ・ド・ギター/クローク編〜
西ケ谷 こんにちは、講師の西ヶ谷です。 今回は、5月26日 日曜日に行われるギターカーニヴァルを1日楽しむ為に、この日催されるコンテンツや前回の様子を交えて解説していきます! ギタカ2019の歩き方...

 

時間は午前10時55分。みんなこの時間にホワイエでマルシェ・ド・ギターを楽しんでるってことは11時から行われる300人の大セッションに参加するってことですよね!そうですよね!

そう!このギターカーニヴァルの最大のテーマ、みんなで楽しむ!弾く!を体現する時間がやってくるのです!

今年の曲は「The Water is wide」朝ドラのマッサンで挿入歌として使われて、記憶にまだ新しいスコットランドの民謡です。

大人数で演奏するって経験ありますか?

普通のオーケストラでもめちゃくちゃ多くて60人くらい!その5倍!

その人数で一曲を奏でるって想像できるかい?

どんな壮大なサウンドになるかは来てのお楽しみ!

いきなりギター持ってきても良いですよ!楽譜ありますよ!指一本で弾けますよ!リズムは基本「ウン タン タン タン タン」でメロディー弾けますよ!ここわかんねってとこはスルーで良いですよ!

エレキギターでも良いじゃない!強めにピッキングすればいいじゃない!ベースでも良いじゃない!ルートを弾けば良いじゃない!

ギターが無くても良いじゃない!見てるだけで何が悪いんだ!

と、興奮気味にお話してしまいましたが、11時になったら係の皆さん(写真参照)の指示に従って、クールにホールへ入場してください。

入ってはいけないところは、ビニーテープで柵を作っておきますので、そこは飛び越えないようお願いいたします。

今回は、自分の知る限り最強のイケメンギタリスト藤木先生と、可愛いのに次々爆笑を掻っ攫うボーカルの森田先生がMCを努めます。

そして!今回もパール兄弟の窪田晴男さん!大野雄二バンドのスーパーギタリスト和泉聡志さん!がセッションリーダーです!

このお二人の演奏が近くで見れるってだけでも、もう、良いよね。

このセッションに参加するってことは、プロギタリストと一緒に演奏するってことだからね!分かるね!

ギターに興味があるとか、音楽が好きだとか、生演奏を見てみたいとか思ってる人!

この午前中だけで、あんたの願いは叶う!

 

体験レッスンの申し込みはこちら

ギターレ&エアスト 無料体験レッスン申し込みフォーム

コメント